□地方税

2010年01月18日

【地方税】償却資産申告書って?

固定資産こんにちは梶間です。今日は、償却資産申告書のご質問です。

 

<Q>

 市から償却資産申告書が送られてきました。この申告書は、何でしょうか?

 

 

 

<A>

償却資産申告書は、事業で使用する減価償却資産にかかる固定資産税を計算するための資料として提出します。

 土地や建物の固定資産税は、各区町村が、法務局と連携し課税対象を把握して、税額計算から納付までを行っています。

 

 しかし、土地、建物以外の減価償却資産は、会社に聞かないと何を持っているのか区町村ではわかりません。そこで、所有者に償却資産の申告をお願いするものです。



keiri123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月11日

【源泉】源泉徴収票vs給与支払報告書

年末調整

こんにちは梶間です。今日は、源泉徴収票と給与支払報告書のご質問です。

 

<Q>給与ソフトから源泉徴収票と給与支払報告書が打ち出されるのですが、源泉徴収票と給与支払報告書は、どう違うのですが?

 

<A>

 源泉徴収票は、税務所用の書類で、給与のもらっている本人に1通、税務署に1通提出します。

 税務署に提出する源泉徴収票には金額基準があります。

    役員は年収150万円超の場合は提出する。

    従業員分は年収500万円超の場合に提出します。

 

 給与支払報告書は、内容は、源泉徴収票とほぼ同じなのですが、提出先が給与をもらっている人の市区町村になります。

 こちらは、年収に関係なく、全員の分を各市町村に提出します。

 

 源泉徴収票の税務署への提出、給与支払報告書の市町村への提出は、いずれも翌年の1月31日になります。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月28日

【住民税】普通徴収と特別徴収の違い?

東京都こんにちは梶間です。今日は、住民税の払い方のご質問です。

 

<Q>住民税の支払いですが、普通徴収と特別徴収の違いがわかりません。

教えてください。

 

<A>

住民税は都道府県と市町村(特別区)に納める地方税のことです。この都道

府県民税と市町村民税(特別区民税)を合わせて一般に住民税といっています。

 

 さて、普通徴収と特別徴収のご説明をします。

(1)普通徴収…自分で払い

普通徴収とは、納税者が自分で市町村の決定した税額を年4回(通常6月、8月、10月、翌年の1月)に分けて納付する方法です。

 

(2)特別徴収…会社が代行する

特別徴収とは、会社が市町村からの税額通知書をもらい、社員の給料から毎月天引きして、社員に代わり会社が市町村に住民税を払う方法です。

この場合、会社のことを特別徴収義務者といいます。

 

 特別徴収した住民税は、徴収した月の翌月10日までに市町村に納付します。ただし、常時10人未満の社員に給与を支払っている小規模な事業所では、市町村の承認を受けて次のような納期の特例制度があります。

・6月から11月分を天引きして12月10日までに納付

・12月から翌年5月分…6月10日までに納付

所得税の特例と微妙に月数がずれているので注意です。

keiri123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)