2011年01月24日

【改正案】欠損金の繰越期間延長

期間こんにちは! 昨年12月16日、平成23年度の政府が閣議決定した「税制改正大綱」が発表しました。まだ国会を通過していないので確定したわけではありませんが、改正の方向は読み取れます。会社経営に関係する部分をピックアップしてご紹介しています。

 

1.欠損金の繰越控除期間の延長

税金計算上の赤字を欠損金と言います。

さて、欠損金の繰越控除の期間は、現行7年なのですが、これが9年に延長され、平成20年度以降の繰越欠損金に適用されます。簡単に言うと税務上の赤字が残っていれば、次年度以降の9年間の黒字と相殺でき、その分税金計算上の所得が少なくなります。これは中小企業にとって有利な改正です。

 

 また、大企業には欠損金について不利な改正が行われます。

中小法人(資本金等が1億円以下)は、引き続き全額利用できるのですが、大企業は所得金額の8割(現在は10割)までに利用が制限されます。



keiri123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0)★税制改正 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔