2010年02月22日

【決算】費用と損金の違い

違いこんにちは梶間です。今日は、社長さんからのご質問です。

 

<A>決算書の利益と法人税申告書の課税所得の違いを教えて下さい。

 

<Q>

決算書を作る場合には、大きく2つのルールがあります。一つが会計のルール(これは会社法が根拠)、もう一つは税務(特に法人税)のルールです。

 

 会計と税務は、目的が違うので費用の認識ルールが違います。

 と言うのは、税務では、会社が決算書で計算した利益をもとに課税所得を計算するのですが、費用については「別段の定め」とおいて、損金になるものに制限を加えています。

 

1.全額損金にならないもの

    法人税、住民税

    資産の評価損

 

2.限度額を超えると損金にならないもの

    減価償却費

    役員報酬、役員退職金

    交際費

    寄付金



keiri123 at 07:26│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・申告/税額 | □企業会計

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔