2009年12月14日

【在庫】在庫評価を下げたい!

ホームセンターこんにちは梶間です。今日は、ホームセンターからのご相談です。

 

<Q>ホームセンターを経営しております。当社は、1月決算で、商品在庫を大量に抱えているので、在庫金額を引き下げたいと思っているのですが、税務ではどういう場合に在庫の金額を下げられるのですか?

 

<A>

 商品在庫について、単に在庫を抱えすぎているだけでは、在庫金額を引き下げることは勝手にできません。税務では、商品の評価を引き下げる場合を限定しています。税務では、商品在庫を持っているだけでは、まだ損が確定していないから慎重に考えているのです。

 

しかし、税務では、次のような場合に、商品の在庫金額を下げることができるとしています。

    災害により著しく損傷した場合

 

売れ残った季節商品で、過去の経験から通常では価額では販売できないことが明らかな場合

 

7深亜∪能、品質などにおいて画期的な新商品が発売されたので、今後、通常の価額では販売できないことが明らかな場合(型落ち品)

 

で紡察型くずれ、品質変化などにより通常の方法では販売できないことが明らかな場合

 

ゲ饉匚浩庫,覆彬[Г竜定により、評価替えが必要になった場合

 

 御社の場合は、イ任呂覆い里如△匹Δ勝一度、 銑い砲弔い童‘い靴討澆討ださい。



keiri123 at 07:26│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔