2009年10月05日

【役員報酬】社長が急逝した!

給料こんにちは梶間です。今日は、役員報酬のご質問です。

 

<Q>この度、会社で不幸がおき、社長Aが急逝しました。そこで、平取締役の息子Bが代表取締役になることになりました。

 

さて、社長給与は月額150万円でした。

 Bさんの今までの役員報酬は、80万円ですが今後は120万円を予定しています。この場合、アップする40万円の役員報酬は、会社の損金になるのでしょうか?

 単純に考えると定期同額給与になるのでしょうか?

 

<A>

 代表取締役が急逝する等のやむを得ない事情により、役員としての職務内容や地位が激変し、実質的に新たに役員に就任したのと同様の状況にあると認められる場合には、定期同額給与として、役員給与の全額を損金に算入することができます。

 

 今回の場合、新代表取締役の役員報酬は、損金になると考えられます。

 



keiri123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔