2009年09月21日

【税】租税公課と損金

税こんにちは梶間です。今日は租税公課についてのご質問です。

 

<Q>租税公課はすべて、損金で良いのでしょうか?

 

 

<A>租税公課には、損金になるものとならないものがあります。

 

 そもそも、租税公課と言うのは、公に課される租税と読めます。つまり、税金や公的に課される負担金を言います。

 さて、ざっくり、租税公課を損金の関係を整理ます。

 

1.損金にならない租税公課

税 損金の額に算入されない主な租税公課は次のとおりです。

 

 

 

 

 

(1)法人税、都道府県民税及び市町村民税の本税

 

(2)各種加算税・各種加算金

延滞税及び延滞金

 (地方税の納期限の延長に係る延滞金は除きます。)

過怠税   ←これらは懲罰的な支出です

 

(3)罰金・科料・過料 ←ホントに懲罰的な支出です

 

(4)法人税額から控除する所得税及び外国法人税

 

 

2.損金になる租税公課

税 上記以外の租税公課

 



keiri123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) ・経費 租税公課 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔