2009年04月27日

【少額資産】中小企業の特例とは?

パソコンこんにちは梶間です。今日は、中小企業の特例のご質問です。

 

<Q>資本金1000万円の会社です。今年度、パソコン1台13万円を20台購入しました。一番、損金を取れる方法を教えてください。

 

<A>

 青色申告の中小企業者(資木金の額が1億円以下)なら中小企業者に対する特例でパソコン260万円を全額損金にすることができます。

 

中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例と言います。

この制度は、取得価額が30万円未満の減価償却資産を平成22年3月31日までの間に購入して事業に使った場合、一定の要件のもとにその全額を損金の額に算入することができるものです。

 

 一定の要件のポイントは、’間合計300万円まで、それと∨/誉膿醜霆颪望額減価償却資産の取得価額に関する明細書(別表十六(七))を添付します。



keiri123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0) ・経費 減価償却 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔