2009年03月02日

【税制改正】長期譲渡所得の特別控除(新設)

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目から気になるところをご紹介します。

財務省は昨年12月に平成21年度税制改正大綱を発表しました。その内容は景気回復を最優先した減税項目一本のものとなっています。

 

「住宅・土地税制」

 住宅が動くと世の中で動くお金が大きいので景気が良くなります。そこで、景気対策として住宅・土地税制の減税が行われる予定です。

 

D拘譲渡所得の特別控除(新設)

 土地取引に関しては2009、10年の2年間に取得した土地を5年を超えて保有した場合、売り渡すときにかかる税金を優遇します。新設の制度です。土地売却時の譲渡所得から1000万円を特別に所得控除できます。

 

つまり長期所有の土地を売って利益が5000万円出ても税務上は、みなしの経費を1000万円引いて利益を4000万円として税金の計算をします。

この制度は、個人でも法人でも利用できる予定です。 

keiri123 at 07:24│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ■所得税

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔