2008年12月01日

【法定調書】法定調書ってなあに?

法定調書こんにちは梶間です。昨日、法定調書についてご質問がありました。

 

<Q>法定調書って何ですか?

 

<A>所得税法では課税を達成するために、特定の所得について支払いの事実を記載した調書の提出を義務付けています。これを法定調書と言っています。

 

具体的には、給与や不動産の使用料などの支払いをした者は、その支払いの明細を記載した書類(これを法定調書と言います)を所轄税務署長に提出しなければなりません。代表的な法定調書は6種類です。このように法律により提出が義務付けられている書類のことを総称して法定調書と言っています。

 

●報酬系のもの3つ

(1)給与所得の源泉徴収票…年末に皆さんがもらいます

(2)退職所得の源泉徴収票…退職金を払った

(3)報酬・料金等の支払調書…税理士の顧問料など

 

●不動産系のもの3つ

(4)不動産の使用料等の支払調書…会社の家賃を払った

(5)不動産等の譲受けの対価の支払調書…土地を買った

(6)不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書…仲介料を払った。



keiri123 at 07:27│Comments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔