2008年08月25日

【納税】納税資金対策はどうするの?

納税資金対策こんにちは梶間です。今日は、社長から納税資金対策についてのご質問です。ちょっと頭のいたい話しですね!

 

<Q>納税資金がない理由

当社が儲かっているのですが、納税資金がなかなか残りません。今後、どうしたら良いですか?

 

<A>

いわゆる納税資金対策の話ですね。

納税資金の確保は、経営者の大切な仕事です。多くの税金を払うと、初めのうちは「税金は高い」と感じることでしょう。社長のお気持ちはよくわかります。ただ、私が多くの会社をみていると、やはり、税金を払わないとお金は残らないように世の中は出来ています。

 

考えてみると、会社の儲けに対してかかってくる税金の割合は41%です。つまり、100円儲けて4割が税務署に払う税金、6割は会社に残るのです。6対4で残るお金の方が多いわけです。

 

そこで、経営者としては、事前に納税資金の資金繰りを事前に予測して資金対策を考えておきます。具体的には、

 

・前年並みの納税額を毎月積み立てておく

・年間の資金予算を組んで積み立てる

・利益計画分の税金分を積み立てておく

・ざっくり、毎月売上の1割を積み立てておく 等

・以上ができないなら、納税資金を借りる

 

 でも、できたら借りない財務体質を作りましょう。

要は、納税資金は、会社が最後に払う必要経費として、経営者が納税額を見込んで計画的に積み立てておきます。納税資金を借りる会社も多いのですが、そろそろ借りグセ経営には、おさらばしたいところです。



keiri123 at 07:28│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・申告/税額 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔