2008年04月14日

【納税資金】決算でお金が残っていない!

納税資金こんにちは梶間です。今日は、よく社長がこぼす納税資金の話です。

 

<Q>会社は儲かっているのですが、決算で法人税や消費税を払うお金が残っていません。どうしてですか?

 

<A>

御社のように決算で納税資金がないと言うのはよく耳にする話です。理屈から言えば、税金は儲けから払うものです。ですからホントは、儲かった利益の半分程度の税金が払えない理由はないはずです。ところが、実際は儲けが出ても、納税資金が残っていないことがあります。

 

考えられる理由としては、

・儲けをもう他の運転資金に使った

=例えば、仕入すぎて、在庫になっている

・儲けを設備投資に回して払った

・お金の回収状況が悪い

・逆にお金の支払が甘すぎる

・ホントは儲かっていない。 等です。

 

つまり、納税資金が残らない理由は、社長が資金繰りに計画性をもっていないか、実は会社が儲かっていないかのどちらかです。ちょっときつい言い方ですが申し訳ないのですが、ホントのところです。



keiri123 at 07:19│Comments(0)TrackBack(0)★税金と経営 | ◆法人税・申告/税額

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔