2008年03月24日

【ゴルフ会員権】民事再生法を申し立て!

ゴルフこんにちは梶間です。今日は、ゴルフ会員権のご質問です。

 

<Q>預託金2000万円の会員権をバブルの時、購入しました。このたび、そのゴルフ場が民事再生法を申し立てました。決算では、損失処理して良いですか。

 

<Q>

民事再生法による再生手続きの申立だけでは、残念ですがまだ、貸倒引当金の対象となりませんし、評価損の計上もできません。

 

根拠は、法人税基本通達9-7-12には、ゴルフ会員権の預託金について「退会の届出、預託金の一部切捨、破産宣告等の事実に基づき預託金返還請求権の全部または一部が顕在化した場合」に金銭債権として、貸倒引当金、貸倒損失等の対象となるとしています。



keiri123 at 19:28│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 | ◆法人税・資産

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔