2007年08月27日

【法人税】税務調査の法人格付け

格付けこんにちは梶間です。先日、知り合いの社長から税務署内の会社の格付けのことを聞かれました。今日は税務調査と法人格付けの話しをします。

 

<Q>税務署には、会社の格付けってあるのですか?

 

<A> 

税務調査があるとその結果は、税務署のKSKシステムへの入力が行われ法人の格付けが行われています。KSKシステムは、税務署の凄腕ベーターベースと言うべきシステムです。

 

 税務署の法人の格付けは5つに分かれます。優良申告法人、準優良申告法人、周期対象外法人、循環接触法人、継続管理法人です。

 

 ホントに目安ですが昭和50年の国会の記録では、優良申告法人は現在1%、準優良申告法人が12%、周期対象除外法人30%、循環接触法人54%、継続管理法人2%という状況です(古い記録でごめんなさい)。

 

 普通の会社は、準優良法人、周期対象外法人、循環接触法人になります。

 

賞状 優良申告法人は、適正な申告をしていると認められた法人で、税務調査が5年程度免除されます。また、税務署からは表敬状を授与されます。

 

 

 

 

 

 なお、この五段階は、税務署の組織改革で第一グループ、第二グループ、第三グループと三段階に変わったという話しもあります。



keiri123 at 07:20│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・通則 | ◆法人税・申告/税額

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔