2007年07月21日

【法人】特定同族会社と同族会社の違い

案内こんにちは梶間です。お久しぶりです。ちょっと、ご質問がたまりましたので、ちょっとブログを再開します。皆様のお役に立てば幸いです。

 

<Q>法人税の申告書を作っていますが、今年から特定同族会社と言う言葉が出てきましたが、何でしょうか?

 

 

 

<A>

特定同族会社は、平成18年度の税制改正で登場しました。特定同族会社に該当すると、留保金課税の対象になります。

 

そもそも日本の中小企業の多くは社長と家族で経営される同族会社です。この同族会社について税法では細かく規定しています。

 

 まず同族会社です。税法で言う同族会社は、簡単に言うと、上位の3株主グループが、実質的にその会社の株式の50%超を所有している会社です。

 

ナンバー1特定同族会社は、同族会社でも第1グループの株主だけでその会社の株式の50%超を所有している会社を言います。

 

 つまり学校で習った集合で言うと、「同族会社>特定同族会社」となります。



keiri123 at 16:55│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・通則 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔