2007年06月25日

【ソフトウエア】原価計算のソフトを買いました!

ソフト1こんにちは梶間です。今日は、ソフトウエアの償却計算のご質問です。

 

<Q>メーカーですが原価計算のソフトを80万円で購入しましたが、そのまま費用処理して良いですか。

 

<A>

ソフト2 80万円の原価計算ソフトですが、税務上は無形固定資産として資産計上になります。

 ソフトウエアの耐用年数は、その利用目的に応じて次のとおりです。

(1)「複写して販売するための原本」及び「研究開発用のも」…3年

(2)「その他のもの」…5年 です。

(法令1354、法基通7-3-152153、耐令別表第三、第八)

 

御社の場合、原価計算のソフトは無形固定資産の「ソフトウエア」に計上し、3年の耐用年数で減価償却計算することになります。



keiri123 at 07:07│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔