2007年03月20日

【国際会計基準】日本だけ孤立って?!

国際会計基準2こんにちは梶間です。先週、ちょっと信じられない新聞記事を見ました。国際的に独自の会計基準を使っているのは日本だけだと言うのです。

 

私は、国際会計基準は専門ではありませんが、ちょっとホントなか〜?と言う感じを受けました。中国でも、07年1月より上場企業では国際会計基準を採用します。米国は、米国基準と国際会計基準の統合作業中です。


国際会計基準の普及加速、韓国も採用、100ヵ国超える――孤立感、一段と強まる。(07.03.16日本経済新聞を抜粋)

 

日本の孤立感、一段と強まる

 世界の資本市場で国際会計基準の普及が急速に進むなか、自国で会計基準を開発している日本の孤立感が一段と強まっている。

 

 15日には韓国が国際会計基準を全面採用すると発表。国際基準の受け入れを表明したのは百カ国を超え、自国基準を維持しているのは米国を除くと主要国では事実上、日本だけとなった。

 

日本も企業会計基準委員会が国際基準との統合に取り組んでいるが、基本的な部分で違いは残ったままだ。

 

 世界の資本市場で日本基準が国際基準と同等だと認められなければ、日本企業が海外で資金調達する場合に追加の開示を迫られるなど余計な負担がかかる懸念がある。 



keiri123 at 07:18│Comments(0)TrackBack(0)□企業会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔