2007年03月19日

【法人税】役員は常識と違うのか?

役員こんにちは梶間です。今日は、役員についてのご質問です。

 

<Q>非同族の会社ですが、税務上の役員は、常識的な会社の役員と違うのですか?

 

<A>

税務で言う役員は、常識と違います。下記の△納村租な経営に従事している者は、会社法の役員登記がなくとも税務上は役員となります。

 

_饉卷,量魄…皆さんも常識どおりです。

取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事、清算人(法2、令7)

 

△澆覆渓魄…税法独自の役員です。

 法人の使用人以外の者(相談役、顧問など)でその法人の経営に従事しているもの。

 

同族会社の役員は、持株基準で第三の類型(同族会社の特定株主など)がありますので、別の機会にお話しいたします。



keiri123 at 07:11│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・通則 | ◆法人税・通則

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔