2007年01月08日

【決算】決算スケジュールは段取り業

新年こんにちは梶間です。今年も宜しくお願いいたします。さて、今日は、決算スケジュールを作った場合の「分担表と各部への連絡」の話しです。

 

決算スケジュール表で日程が決まったら、各内容を経理担当者に割り振ります。そして、決算をするうえで必要な基礎資料を関係各部や担当者に連絡します。

 

別の言い方をすると、決算で必要な会計ソフトへの入力資料を関係各部からもらう準備をします。

 

例えば、営業からは3月までの正確な出荷情報をもらい売上を確定します。購買部からは、正確な入庫情報をもらい仕入を確定します。総務部からは、会社の期末人員を聞いて、賞与や退職給与引当金の計算をします。工場からは、原価計算の資料を受け取ります。物流部からは、棚卸の資料をもらい在庫を確定します。各支店からは、小口現金の資料をもらい現金残高を確定します。



keiri123 at 07:12│Comments(0)TrackBack(0)□決算ノウハウ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔