2006年11月06日

【決算・会社法】今年の決算、これだけ注意!

案内こんにちは梶間です。今年の決算の注意点を一つ書きます。新計算書類のことです。

 

会社法では、計算書類の体系が変わりました。具体的には、貸借対照表、損益計算書、新しく株主資本等変動計算書、個別注記表の四つが計算書類として定義されました。そこで、今年は必ず会計ソフトのバージョンアップが必要です。

 

会社法の計算書類の重要な変更は次のとおりです。事前に勉強しておきます。

‖濕畋仂班修任蓮∋駛椶良瑤吠儿垢ありました。

損益計算書では、表示形式と役員賞与の取扱いに変更がありました。

ね益処分案(または損失処理案)がなくなり、株主資本等変動計算書が誕生しました。

そ祥茲涼躓をまとめる形で個別注記表ができました。

ケ超畔鷙霆颪量松里事業報告に変わりました。

ι軋位精拿颪竜載が減少しました。

 

 ただ、実際は、ケ超畔鷙霆顱↓ι軋位精拿颪論婆蛙醜霆颪療塞媾駑爐箸覆辰討い覆い海箸ら、中小企業では作成しないことが多いです。



keiri123 at 07:10│Comments(0)TrackBack(0)□決算ノウハウ | □会社法(終了)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔