2006年09月11日

【貸倒引当金】長期棚上げになった売掛金

回収こんにちは梶間です。今回は貸倒引当金のご質問です。

 

<Q>毎年、3万ずつ返済をうけている売掛金300万円ですが、この度、年間15万円で20年の均等返済の約束をしました。

 この場合は、長期棚上げ債権として6年〜20年までの返済分125万円に貸倒引当金を計上できますか。

 

<A>この場合は、長期棚上げ債権として貸倒引当金の個別計上はできません。

<解説>

売掛金、貸付金などの個別評価金銭債権が次に掲げる事由に基づいてその返済を猶予され、又は賦払により返済される場合におけるその債権の額で、次の事由が生じた翌期から5年を経過する日までに返済されることとなっている金額以外の金額(担保権の実行等により取立て等の見込みがあると認められる部分の金額を除く)は貸倒引当金を計上します。

 

(1)会社更生法等の規定による更生計画認可の決定

(2)民事再生法規定による再生計画認可の決定

(3)商法の規定による特別清算に係る協定の認可

(4)商法の規定による整理計画の決定

(5)法令の規定による整理手続によらない関係者の協議決定で、次に掲げるもの

イ.債権者集会の協議決定で合理的な基準により債務者の負債整理を定めているもの

ロ.行政機関又は金融機関その他第三者の斡旋による当事者間の協議により締結された契約でその内容がイに準ずるもの(法人税法施行令96´機

 

今回の相談の場合は、残念ですが、まだ(1)〜(5)の事由が発生していません。



keiri123 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)◆法人税・負債 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔