2006年07月07日

【会計ニュース】棚卸資産に低価法採用される!

低価法こんにちは梶間です。今日は、新聞から気になる記事のご紹介です。今後、棚卸資産に低価法が強制適用されるようになります。


企業会計基準委、「棚卸資産」の新会計基準発表。(2006.7.6日本経済新聞を抜粋)

 

 企業会計基準委員会は7月5日、企業の棚卸資産の評価で「低価法」を義務付ける新会計基準を発表した。2008年4月以降に始まる事業年度から適用する。

 

3月期決算企業の場合は2009年3月期から。従来案に比べ、一年先送りした。「実務的対応に時間がかかるとの意見に配慮した」ため。

 

矢印「低価法」は企業の棚卸資産の時価の下落分を損失として毎期の業績に損失計上させる会計処理。従来は在庫が含み損を抱えている場合でも、決算に反映しない「原価法」も認められており、大半の企業が原価法を採用していた。

 

http://www.asb.or.jp/html/documents/docs/inv/



keiri123 at 22:41│Comments(0)TrackBack(0)□企業会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔