【改正】留保金課税が変わりました!【改正】定期同額の役員報酬

2006年06月19日

【改正】役員報酬の取扱い緩和される!!

役員報酬こんにちは梶間です。今日は、平成18年度の税法改正から役員報酬の取扱いが緩和されました。

 

【改正前の役員報酬】

^豬邂焚爾隆間を単位として定期的に同額を支給する給与(役員報酬)は損金算入

↓^奮阿竜詬拭別魄賞与)は損金不算入

6叛嗜動型報酬は、原則として損金不算入

役員報酬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改正後の役員報酬】

…螻枡嘘杁詬

支給時期が一月以下の一定の期間ごとで、その支給時期における支給額が同額である給与(現行の役員報酬に相当)は損金算入

 

∋前確定届出給与

役員の職務につき所定の時期に確定碍を支給する旨の定めに基づいて支給する給与(支給の定めの内容を事前に税務署長へ届け出ることが必要)は損金算入

 

役員報酬■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役員報酬■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M益連動給与

(利益に関する指標を基礎として算定されるもの)のうち一定の要件を満たすものは損金算入

 

※1「事前」とは、その給与に係る職務執行の開始の日と会計期間開始の日から3月を経過する日とのいずれか早い日

※2 ただし、過大分、不正分は損金不算入(現行と同様)

 

以上から、今回の改正は、役員給与の多様な支給形態に税法が対応したことがわかります。



keiri123 at 07:18│Comments(0)TrackBack(0)★改正税法07 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【改正】留保金課税が変わりました!【改正】定期同額の役員報酬