【知ってた?】長者番付制度なくなる!【改正】役員報酬の取扱い緩和される!!

2006年06月12日

【改正】留保金課税が変わりました!

留保金こんにちは梶間です。今日は、同族会社の留保金課税制度が改正されました。税法の中級の話しです。

 

1.留保金課税の主旨

同族会社の場合、利益が出ても、オーナー自身が株主として受け取る配当金に対する所得税の課税を免れるためにあえて配当をせず社内留保するなど、税負担の軽減を図ることができます。

 

そこで、同族会社が一定の金額を社内に留保したときは、通常の法人税とは別にその留保金に対して特別に課税することとされています。

 

つまり、法人税+所得税が本来取れるはずなのに、会社が意図的に法人税しか取れないようにする場合には、法人税を重くしようしようと言うことなのです。

 

ただ、中小企業については、資金調達能力が不足しており、内部留保を充実させていく必要から、多少、軽減がなされています。

 

2.今回の改正

同族会社平成18年度の税制改正では、対象となる法人を従前は「同族関係者3グループで株式等50%超保有の法人(同族会社)」としていたのを、「同族関係者1グループで株式等50%超保有の法人(特定同族会社)」のみに限定しました。

 

その他方で、内部留保に対する控除額を大幅に引き上げることにより、平均的な配当を行えば課税されなくなるという改正が行われます。

 

 

 

 

留保金



keiri123 at 07:09│Comments(0)TrackBack(0)★改正税法07 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【知ってた?】長者番付制度なくなる!【改正】役員報酬の取扱い緩和される!!