2006年05月02日

【増収】中小企業の会計指針確定!!!

会計ルールこんにちは梶間です。中小企業の会計に関する指針(改訂版)が講評されました。


 

「中小企業の会計に関する指針」の確定版を公表
(2006/05/01  提供元:21C・TFフォーラム…タビスランド)

 

 日本公認会計士協会、日本税理士会連合会、日本商工会議所、企業会計基準委員会が主体となって設置された「中小企業の会計に関する指針作成検討委員会」は4月28日、「中小企業の会計に関する指針」について、公開草案としてパブリックコメントを経て検討したものを確定し公表した。

この度の改正は、企業会計基準委員会が公表した各種の企業会計基準や5月1日から施行された会社法・会社法関係省令を踏まえたものであり、主に貸借対照表の純資産の部の表示、株主資本等変動計算書、注記および組織再編の会計、引用条文の訂正などに対応している。

ボーナス改正指針をみると、例えば、賞与引当金の計上額のところで、「役員賞与は発生した会計期間の費用として処理する。また、当期の職務に係る役員賞与の支給を翌期に開催される株主総会において決議する場合には、その決議事項とする額またはその見込額を、原則として、引当金に計上する」との規定が新設された。

 また、新設された株主資本等変動計算書の項目では、株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するものであることや、株主資本等変動計算書の表示区分は、貸借対照表の純資産の部の表示に従うことなどが規定されている。

 なお同日、日税連は、5月1日以降使用する「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」を公表するとともに、同チェックリストを活用した融資商品が全国76の金融機関(4月25日現在)で取り扱われていることを明らかにした。また、同チェックリストは、信用保証協会においても、保証料率の割引の際の必要書類として利用されている。

 「中小企業の会計に関する指針」は
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/pdf/kaikeishishin060425.pdf

 「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」は
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/pdf/checklist060428.pdf



keiri123 at 06:24│Comments(0)TrackBack(0)□企業会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔