2006年02月18日

【土曜は新会社法】取締役の責任が過失責任に!

過失責任今日の話題は、新会社法では取締役の責任が無過失責任から過失責任になりました。つまり、責任が多少軽くなります。

 

例えば、今までは「違法配当」「利益供与」「取締役の金銭貸付」「利益相反取引」に関する取締役の責任は無過失責任でした。つまり、その取締役に過失がなくとも責任が生じたのです。

 

新会社法では、原則として過失責任になります。ただ、立証責任は取締役にあるので注意です。

 

また、多少取締役の無過失責任が残ります。「取締役が自分のために直接利益相反取引としたり(428条)」「株主の権利の行使に関する利益の供与をした(120条4項)」場合です。



keiri123 at 08:21│Comments(0)TrackBack(0)□会社法(終了) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔