2006年01月21日

【新会社法】取締役は1人でOK

機関今日の東京は雪です。朝からひんやりしています。こんにちは梶間です。土曜は新会社法です。

さて、新会社法では、取締役、監査役などの会社の機関が大きく変わります。特に中小企業への影響が大です。

 

今までは株式会社と言えば取締役は3人以上、監査役は1人以上必要で、実際は名義貸しの役員が多く見られました。

 

新会社法では、実際に合わせる形で多くの機関設計が自由になります。数えると39パタンあるようです。

 

株式の譲渡制限のある株式会社であれば、最低で取締役1人、監査役なしでOKとなります。

 

◆◆機関設計の簡単5原則◆◆

    株主総会、取締役は必ずいる。

 

    株式譲渡制限会社では取締役会は任意。非株式譲渡制限会社では取締役会(取締役3人以上)は必須。

 

取締役会をおく場合は、監査役は必須。

 ですから取締役会がなければ監査は任意。

 

ぢ膕饉劼浪餬彜萄鎖佑必須

 

イ垢戮討粒式会社で会計参与は任意

 

 

各社で色々な機関設計のパターンの選択が必要です。

機関

 

 

 

 

 

 

 

 

 



keiri123 at 22:59│Comments(0)TrackBack(0)□会社法(終了) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔