2007年11月

2007年11月26日

【会社】法人税は全部損金なのか?!

案内こんにちは梶間です。今日は、会社で払った法人税の話です。

 

<Q>法人税は、全部、すべて損金にならないのですか?

 

<A>確かに、法人税は、普通、会社の損金にはなりません。ただ、例外的に、損金になる場合もあるので、法人税の取扱をまとめておきます。

 

 

法人税について

本税→損金になりません。確定申告書では「損金計上法人税(加算・留保)」ですね。

 

    附帯税(利子税のぞく)→同上。確定申告書では「損金計上付帯税(加算・留保)」ですね。

 

    附帯税(利子税)→利子税だけ損金になります。考え方は、申告期限の延長を税務署サイドで認めてくれているので銀行の支払利息と同じように考えて損金にしています。

 

今日は、法人税のまとめでした。



keiri123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 租税公課 

2007年11月19日

【会計】ストック・オプションを発行する

ストックオプションこんにちは、梶間です。3年後に、株式公開をめざしている中堅企業さんからご質問をいただきました。

 

ストックオプション2<Q>役員・幹部職員のやる気を引き出すためにストック・オプションを考えているのですが、経理上はどんな仕訳になるのですか?

 

<A>

ストップオプションは単純に考えると新株予約権を無料で発行することです。ですから、以前は

会社としては特に経理上の処理はありませんでした。

 

 しかし、ストップオプションは、役員・幹部職員に対するやる気を引き出すものであり、新しい会計処理が公表されています。(ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針。H17年12月)

 

 現在の会計処理は、ストック・オプションを発行すると、発行会社では

  (借方)株式報酬費用 ××× (貸方)新株予約権 ×××  

 

の仕訳になります。そして、税務上は、損金になりません。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□企業会計 

2007年11月12日

【都民税】納付書の疑問?

疑問こんにちは梶間です。東京都千代田区の会社です。初年度決算のご質問です。

 

<Q>会社の都民税・事業税の納付書が届いたのですが、納付書が2つあるのは何故ですか??

 

<A>

納付書が2つありますが、一つは書き損じた場合の予備です。ご安心下さい。

 

何かと初めてのことは、気になりますよね!

それでは、今日は、ここで失礼いたします。



keiri123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月05日

【会社】初めての確定申告

経理こんにちは梶間です。今日は、初めての会社の確定申告書についての質問です。

 

<Q>資本金300万円の会社で、初めての決算です。税務署から確定申告書の用紙が届きましたが、どの順番に揃えて、全部ホチキスで留めてよいのでしょうか。

 

<A>

税務署にはセットで一部、それと会社に控えを一部、合計二部を作成します。

郵送で税務署に書類を送付する場合は、返信用封筒を同封いたします。

 

国税の場合の別表1(OCR読み取り用)、法人事業概況書はホチキスで綴じません。

 

残った書類の順番ですが、通常は

 ・法人税の確定申告書

・決算書

・勘定科目明細書 をセットにして、こちらはホチキスでとめてもかまいません。

 

用紙を送ってくれた税務署に電話で聞いても親切に教えてくれます。



keiri123 at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・申告/税額