2006年09月

2006年09月26日

【役員報酬】実質一人会社の役員報酬Q&A

発表こんにちは梶間です。今日は、改正税法関係です。


財務省が「一人会社の役員報酬の損金不算入制度Q&A」を公表

 

 財務省では、この度、平成18年度の問い合わせの多い、「特殊支配同族会社の業務主宰役員の損金不算入制度」についてQ&Aを公表しました。

 この制度については、まだ通達が出ていないことから議論の多いところです。一度、ご覧下さい。

 

 詳細は↓

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/tokusyu_qa.pdf



keiri123 at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★改正税法07 

2006年09月24日

【よくある質問】資本的支出と修繕費の形式基準

決定こんにちは梶間です。また、修繕費のご質問です。確かになかなか、ややこしい問題ですよね。

 

<Q>資本的支出と修繕費がまだ良く分かりません。形式的に判断する方法はないでしょうか?

 

<A>すべて形式的には、判断できないですが、4ステップで修繕費と資本的支出を判断できます。

 ―斗彑の基準(基本通達7−8−3)

     ↓

 ∋駛榲支出(使用期間延長or価値増加)、修繕費(維持費用、現状回復費用)で判断する(基本通達7−8−1、7−8−2)

     ↓

 7措梓霆(基本通達7−8−4)

     ↓

 ご癖慄(基本通達7−8−5)

 

 こんな感じです。後日、もう少し説明します。



keiri123 at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

2006年09月21日

【消費税】消費税のかからない支出

給料こんにちは梶間です。メーカーの社長から、消費税の素朴な疑問がありました。

 

<Q>物を買うと消費税がかかりますが、消費税のかからない一番、大きな支出はなんですか?

 

<A>

通常、消費税がかからない一番大きな支出は人件費です。消費税の専門用語では、「不課税」とか「課税対象外」と言っているグループです。



keiri123 at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)●消費税 

【よくある質問】修繕費の実際

修繕費(字)こんにちは梶間です。昨日、一昨日に続いて、よく実務で質問のある修繕費と資本的支出の違いを確認しましょう。

 

修繕費(自動車)今日は修繕費の実際をみてみます。修繕費は、使用期間が延長したたり、価値が増加しない支出です。通常は、修繕費とは、固定資産の維持管理費用原状回復費用を言います。

 

 法人税法の通達(7−8−2)では、次のように例示しています。

〃物の移えい又は解体移築をした場合におけるその移えい又は移築に要した費用の額(解体移築の場合は、旧資材の70%以上の再使用や同一規模・構造といった要件があります。)

 

機械装置の移設費用(解体費を含む。)の額

 

C枠彡晴爾靴薪效呂鯆晴質阿両態に回復するために行なう地盛に要した費用の額

 

じ修忙藩僂靴討い訶效呂凌紊呂韻鬚茲する等のために行なう砂利,砕石等の敷設に要した費用の額及び砂利道又は砂利路面に砂利,砕石等を補充するために要した費用の額

 

 きょうはココまでです。



keiri123 at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

2006年09月20日

【よくある質問】資本的支出の実際

資本的支出(階段)こんにちは梶間です。昨日に続いて、よく実務で質問のある修繕費と資本的支出の違いを確認しましょう。

 

 今日は資本的支出の実際をみてみます。

 資本的支出は、使用期間が延長する場合と、価値が増加する場合でした。

 法人税法の通達(7−8−1)では、次のように例示しています。

 

〃物の避難階段の取り付け等物理的に付加した部分にかかる費用

 

⇒囘喨儿垢里燭瓩量詫預悗等改造又は改装に直接要した費用

 

5ヽの部分品を特に品質又は性能の高いものに取り替えた場合のその取替えに要した費用の額のうち,通常の取替えの場合にその取替えに要すると認められる費用の額を超える部分の金額

 

(注)建物の増築、構築物の拡張・延長等は、建物等の取得となります。

 

 きょうはココまでです。



keiri123 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

2006年09月19日

【よくある質問】資本的支出と修繕費

資本的支出(大工)こんにちは梶間です。よく実務で質問のある修繕費と資本的支出の違いを確認しましょう。

 

 まず、資産計上する固定資産支出を資本的支出といいます。税務上は、資本的支出を決めるポイントは2つです。一つは、使用期間が延長する場合と、価値が増加する場合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修繕費(工具)逆に、修繕費は、使用期間が延長したたり、価値が増加しない支出です。通常は、修繕費とは、固定資産の維持管理費用原状回復費用を言います。

 

 今日はここまでです。



keiri123 at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ◆法人税・経費

2006年09月13日

【源泉】会社の源泉徴収義務について?

源泉義務こんにちは梶間です。社長からのご質問です。(社員30名)

 

<Q>会社の源泉徴収義務について簡単に教えて下さい?

 

<A>

 会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度支払金額に応じた所得税を差し引くことになっています。これを源泉徴収義務と言います。

 

 そして、差し引いた所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納めなければなりません。(所得税法6、183 

 

 この所得税を差し引いて、国に納める義務のある者を源泉徴収義務者といいます。

 

 源泉徴収義務者になる者は、会社や個人だけではありません。給与などの支払をする学校や官公庁なども源泉徴収義務者になります。

 

ただ、常時二人以下のお手伝いさんなどのような家事使用人だけに給与や退職金を支払っている人は、源泉徴収義務はありません(所得税法184)



keiri123 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2006年09月11日

【貸倒引当金】長期棚上げになった売掛金

回収こんにちは梶間です。今回は貸倒引当金のご質問です。

 

<Q>毎年、3万ずつ返済をうけている売掛金300万円ですが、この度、年間15万円で20年の均等返済の約束をしました。

 この場合は、長期棚上げ債権として6年〜20年までの返済分125万円に貸倒引当金を計上できますか。

 

<A>この場合は、長期棚上げ債権として貸倒引当金の個別計上はできません。

<解説>

売掛金、貸付金などの個別評価金銭債権が次に掲げる事由に基づいてその返済を猶予され、又は賦払により返済される場合におけるその債権の額で、次の事由が生じた翌期から5年を経過する日までに返済されることとなっている金額以外の金額(担保権の実行等により取立て等の見込みがあると認められる部分の金額を除く)は貸倒引当金を計上します。

 

(1)会社更生法等の規定による更生計画認可の決定

(2)民事再生法規定による再生計画認可の決定

(3)商法の規定による特別清算に係る協定の認可

(4)商法の規定による整理計画の決定

(5)法令の規定による整理手続によらない関係者の協議決定で、次に掲げるもの

イ.債権者集会の協議決定で合理的な基準により債務者の負債整理を定めているもの

ロ.行政機関又は金融機関その他第三者の斡旋による当事者間の協議により締結された契約でその内容がイに準ずるもの(法人税法施行令96´機

 

今回の相談の場合は、残念ですが、まだ(1)〜(5)の事由が発生していません。



keiri123 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・負債 

2006年09月07日

【新決算実務А柤結計算書類は誰が作る?

パソコンこんにちは梶間です。社長からのご質問です。

 

<Q>当社は、工場と販社の分社経営を行っておりますが、連結計算書類を作らないと行けないのですか?

 

<A>社長の会社は、資本金が1000万円なので連結計算書類はいりません。

連結計算書類が必要なのは、大会社に限られています。ご安心下さい。

 

大会社と言うのは、〇駛楸發5億円以上、又は、負債が200億円以上の場合です。



keiri123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□会社法(終了) | □企業会計

2006年09月04日

【改正】特殊支配同族会社って何だ?

一人会社2こんにちは梶間です。役員給与の一部が損金不算入となる特殊支配同族会社の話しです。

 

<Q>実質一人会社と言われる「特殊支配同族会社」とは何ですか?

 

<A>

業務主催役員(みなし役員を含みます)グループが、

    株式などの90%以上を有し、かつ、

    常務に従事する役員が過半数を占めている同族会社 を言います。

 

もっと詳しく知りたい人はこちらへ↓

http://www.taxanser.nta.go.jp/5207.htm

 



keiri123 at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★改正税法07