2005年11月

2005年11月30日

【制作費】ホームページの作成費用

経費(ホームページ)こんにちは、梶間です。東京の天気は晴。街路樹の紅葉が綺麗です。今日はホームページの作成費用です。  

 

<Q>当社では広告宣伝用のホームページを外注で作りました。一括費用処理でよいですか?

 

<A>ホームページを外注で作った場合には、原則として一括損金でOKです。これは、税務当局はホームページは頻繁に更新され、効果が一年に及ばないと考えているからです。ですから、ホームページの効果が1年以上に及ぶと考えられれば、外注費は使用期間に応じて均等償却することになります。

 ホームページの効果の及ぶ期間は、実際は効果の測定が難しいと考えられます。税理士さんに相談するのがベストですが、一般的には外注費処理で良いようです。

 

 ただ、ホームページの作成に際し、顧客管理のデータベースを外注して作った場合には、プラグラム作成費用として税務上の繰延資産として、いったん長期前払費用に計上し、耐用年数の5年で償却することになります。(施行令13八リ)



keiri123 at 06:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2005年11月28日

【販売促進費】新製品のイベント費用

経費(新製品発表) こんにちは、梶間です。今日は新製品発売のイベント費用です。

 

<Q>当社では新型浄水器を開発し、この度全国の得意先を呼んで東京のホテルでイベントを開きました。この際、北海道の得意先については、当社でホテルを用意し、飛行機代を負担しました。また、来場者には6000円相当のコーヒーカップをプレゼントしました。

 この場合は、(1)ホテル代、(2)飛行機代、(3)コーヒーカップ代はそれぞれ販売促進費で良いでしょうか?

 

<A>得意先を招待した(1)ホテル代、(2)飛行機代は、接待費用と言うよりも営業費の性格が強いことから、販売促進費になります(措置法通達61の4(1)-17)。しかし、イベントの宴会を招待するば、こちらは営業費と言うより交際費になります。

 また、(3)来場プレゼントのコーヒーカップは、贈答の性格があり、交際費になります。



keiri123 at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2005年11月23日

【固定資産】中古カローラにつけたカーナビ

固定資産(カーナビ) 今日はカーナビの話です。

 

<Q>中古のカローラを購入し、カーナビ22万円を新規で取り付けました。カーナビの費用処理で良いのですか。なお、カローラの新車の耐用年数は6年ですが、当社の中古車の耐用年数は3年です。

 

<A>カーナビは通常、車両と寿命を共にすると考え、中古乗用車の耐用年数3年で減価償却していきます。(耐用年数通達2-5-1)



keiri123 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 

2005年11月21日

【器具備品】ルノワールの複製画

固定資産(絵画)こんにちは、梶間です。今日は複製画の取扱いです。

  

<Q>応接間にルノアールの複製画15万円(10号)を購入しました。損金処理して良いでしょうか?

 

<A>15万円の複製画は減価償却資産になります。「器具及び備品」に計上し、その後、減価償却します。従って、残念ですが当年度に全額費用にすることは出来ません。(法人税法施行令133)



keiri123 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 

2005年11月16日

【役員報酬】半年払いの非常勤取締役の報酬

給与(役員報酬)

こんにちは、梶間です。よくある役員報酬のご質問です。

<Q>非常勤の取締役は、毎年3月と9月に30万円支払うことにしたのですか、損金処理でOKですか。

 

<A>OKです。毎年決めたれた時期に定額を支払う場合は役員報酬として損金処理できます(法人税法35(4)、基本通達9-2-14)。

 誤解されたくなければ、毎月5万円つづの支給でもOKですよ。



keiri123 at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2005年11月14日

【固定資産】電話加入権の運命、決まる!

電話加入権こんにちは梶間です。今日は皆さんが気にしていた電話加入権の速報です。


◆NTT・総務省、電話加入権当分廃止せず―税制改正案撤回へ(2005/11/04日本経済新聞を抜粋)◆

 

 電話加入権廃止に伴う新税制を検討していた総務省が加入権廃止を明確にするようNTTに求めたのに対し、NTTは11月4日、現状維持の意向を示したただ。他社の手がける加入権不要の割安固定電話の伸び悩みが背景。

 

総務省は与党などに提出していた来年度の税制改正要望を事実上撤回する。

 

 加入権についてはNTTが「廃止を含めた見直し」を要請し、今年3月には加入権料(税抜き)が72,000円から36,000円に下がった。NTTは「段階的に値下げする」と説明していた。

 

 電話加入権は税法上、減価償却が認められていない。廃止が決まれば資産価値がゼロになるため、総務省は企業などに加入権の段階的な無税償却を認めるよう与党などに求めていた。



keiri123 at 05:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 

2005年11月09日

【経費】開業準備中の経費の税金

開店こんにちは、梶間です。独立してスーパーを開業した社長からの問い合わせです。

 

<Q>ところで、開業前に準備のために家賃40万円、従業員の給料30万円、開業のためのチラシ代50万円がかかりました。これは損金処理で良いですか?

 

<A>税務上は、開業準備に特別に要した費用は繰延資産をして資産計上できますが(法人税法施行令14(1)三)、通常、毎月かかる経費は損金処理とされています。

◆毎月、かかり経費である家賃40万円、従業員給料30万円は損金処理します。

◆開業の時だけの特別な支出、ここではチラシ代は繰延資産として資産計上し、翌期以降の事業年度で任意の額を償却できます。

 



keiri123 at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2005年11月07日

【経費】買いだめした包装紙

経費(包装紙) こんにちは、梶間です。今日は、スーパーマーケット経営の社長さんからの問い合わせです。

 

<Q>開店にあたり包装問屋から包装紙を3年分まとめて買いました。損金処理して良いでしょうか?

 

 

<A>残念ですが、税務上は一括では損金処理できません。

 税務の考え方は、「包装材料は毎年概ね一定数量を購入し、かつ経常的に消費されるモノに限り、購入時に損金処理できる(基本通達2-2-15)」としています。

 

 この税務のルールからすると3年分の包装紙は、いったん会計ソフトで消耗品費で入力して、期末に棚卸して貯蔵品処理することになります。または、購入時に貯蔵品処理して、期末に使用済み分を消耗品費に振り替えをことでも良いでしょう。



keiri123 at 04:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2005年11月04日

【固定資産】応接セットの税務処理

固定資産(応接セット) こんにちは、梶間です。今日は応接セットを買った会社からのご質問です。

 

<Q>事務室に応接机9万円。椅子4脚×単価6万円=24万円。合計33万円の応接セットを買いました。単品でそれぞれ10万円未満なので費用処理できますか。

 

<A>応接セットは、税務上はセットで判断し、単品では判断しません。従って、応接セットは合計33万円で「器具・備品」として資産計上し、耐用年数8年で減価償却します。



keiri123 at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 

2005年11月02日

【交際費】仮払金の交際費はどうなるか?

交際費(宴会) こんにちは、梶間です! 今年も11月となり今月の下旬から忘年会の時期です。そこで、今日は交際費の話を早めにします。

 

<Q>交際費を仮払金として処理しています。このままで良いのでしょうか。

 

<A>税務上は、交際費は、仮払しても関係なく交際費扱いとなります。つまり、交際費は発生主義(交際の事実があった日)に交際費として認識されます。

 ですから、営業の人が交際費を仮払処理しても次年度に精算しても税金の計算上は交際費は、交際の事実の発生日に認識され、次年度に繰越はされません。



keiri123 at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費