2009年04月12日

【消費税】青空駐車場の場合

駐車場こんにちは梶間です。青空駐車場の消費税のご質問です。

 

<Q>会社で遊休地があるので、土地をそのまま駐車場で貸すことにしました。駐車場は、原っぱのようなところで、いわゆる「青空駐車場」です。この場合、消費税はかかるのですか?

 

<A>

消費税では、土地の貸付は非課税になっています。

今回の青空駐車場は、原っぱのようなところで管理人もいないので、土地の貸付と同じように消費税はかかりません。

 

 駐車場を貸して消費税がかかる場合は、管理人をおいて駐車している車の管理を行っている場合や、駐車場としての地面の整備またはフェンス、区画、建物の設置等をして駐車場として利用させている場合です。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)●消費税 

2009年04月05日

【所得税】家賃収入を申告漏れした!

アパートこんにちは梶間です。社長様からのご質問です。

 

<Q>大変です。確定申告をしたのですが、新築したアパートの家賃収入を申告し忘れてしまいました。すぐ、改めて確定申告する場合と、税務調査があるまで待って場合で、税務の取り扱いは違いますか?

 

<A>

税務署の調査を受けて自主的に確定申告する修正申告や、税務署から申告税額を直してくださいと言われたときは、10%の過少申告加算税がかかります。

 

でも、税務調査の受ける前に貴方が自主的に修正申告をした場合には、原則として10%の過少申告加算税はかかりません。

 

いずれにしても早めの修正申告が望まれるところですね。



keiri123 at 06:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年03月30日

【所得税】確定申告しなかったけれど?

給料こんにちは梶間です。今日は、社長からの所得税の確定申告のご質問です。

 

<Q>私は、会社からの役員報酬の他に友人の会社の役員をしています。年間報酬18万円で金額が少ないので、確定申告はしませんでした。これでよろしいのでしょうか?ちょっと気になりました。

 

<A>

所得税の確定申告をしなければならない人は決まっています。次の人です。

(1)給与に年間収入金額が2,000万円を超える人

(2)1ヵ所から給与の支払いを受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

(3)   2ヵ所以上から給与の支払いを受けている者で、メインの給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

(4)同族会社の役員等で、その同族会社から貸付金の利息や資産の賃貸料等を受け取っている人

(5)災害減免法により源泉徴収の猶予等を受けている人

(6)源泉徴収義務者にあたらない者から給与等の支払いを受けている人

 

今回は、(3)にも該当しませんので確定申告はありません。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年03月23日

【所得税】確定申告を忘れたら?

遅刻こんにちは梶間です。今日は、社長からの所得税の確定申告のご質問です。

 

<Q>忙しくて確定申告を忘れてしまいました。これから急いで提出するとどうなりますか?

 

<A>提出期限後の期限後申告に対しては、原則として、無申告加算税がかかってきます。

また、税務署の調査を受けた後の期限後申告や、申告をしないために税務署から所得金額の決定を受けた場合においては、15%相当額(50万円を超える部分は20%相当額)の無申告加算税がかかってきます。

ただ、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合、無申告加算税が5%に軽減されます。

 どうぞ、速やかに申告手続きを済ませてください。



keiri123 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年03月02日

【税制改正】長期譲渡所得の特別控除(新設)

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目から気になるところをご紹介します。

財務省は昨年12月に平成21年度税制改正大綱を発表しました。その内容は景気回復を最優先した減税項目一本のものとなっています。

 

「住宅・土地税制」

 住宅が動くと世の中で動くお金が大きいので景気が良くなります。そこで、景気対策として住宅・土地税制の減税が行われる予定です。

 

D拘譲渡所得の特別控除(新設)

 土地取引に関しては2009、10年の2年間に取得した土地を5年を超えて保有した場合、売り渡すときにかかる税金を優遇します。新設の制度です。土地売却時の譲渡所得から1000万円を特別に所得控除できます。

 

つまり長期所有の土地を売って利益が5000万円出ても税務上は、みなしの経費を1000万円引いて利益を4000万円として税金の計算をします。

この制度は、個人でも法人でも利用できる予定です。 

keiri123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・資産 | ■所得税

2009年02月23日

【税制改正】リフォーム・新築優良住宅の減税

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目から気になるところをご紹介します。

 

 


「住宅・土地税制」

リフォーム1 住宅が動くと世の中で動くお金が大きいので景気が良くなります。そこで、景気対策として住宅・土地税制の減税が行われる予定です。

 

リフォーム2▲螢侫ーム・新築優良住宅の減税

 次ですが、住宅リフォームやローンを組まない長期優良住宅の新築についても優遇制度をつくります。自宅に太陽光発電装置の設置や、バリアフリーの改修工事をした場合、所得税を控除します。



keiri123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年02月16日

【税制改正】住宅ローン減税

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目から気になるところをご紹介します。

財務省は昨年12月に平成21年度税制改正大綱を発表しました。その内容は景気回復を最優先した減税項目一本のものとなっています。


 住宅ローン「住宅・土地税制」

 住宅が動くと世の中で動くお金が大きいので景気が良くなります。そこで、景気対策として住宅・土地税制の減税が行われる予定です。

 

 

―斬陬蹇璽鷂裟

 麻生首相の「過去最大の住宅ローン減税を」と言う指示により、減税規模が大幅に拡充しました。

 

 耐久性や耐震性、省エネ性能が高く一般住宅より寿命が長い長期優良住宅(マンションを含む)に入居する場合は減税幅が大きくなります。ローンを組んで自宅を買い、2009〜11年に入居したときは10年間で合計最大600万円の税額控除を受けることができます。入居が2012年なら400万円、2013年なら300万円が最大控除額です。

 

 一般の住宅・マンションでは、09、10年に入居すると、最大500万円の控除を受けられます。中古住宅でも築年数があまり古くなければ、原則として控除対象になります。

 

 支払う所得税が控除額に達しない場合、個人住民税からも一部控除できます。年収が少なく、所得税が多くない人でも住宅ローン減税が利用できるようにするためです。住民税の控除額の上限は97,500円です。

 

 確かに住宅関係の会社では営業に使えそうな減税策です。



keiri123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年02月09日

【税制改正】欠損金の繰戻還付制度の復活

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目(予定)から気になるところをご紹介します。

財務省は昨年12月に平成21年度税制改正大綱を発表しました。その内容は景気回復を最優先した減税項目一本のものとなっています。


 

Uターン「中小企業関係税制」

欠損金の繰戻還付制度の復活

欠損金の繰戻還付制度の復活です。減税額で△1100億円です。中小企業関係税制で合計2200億円の減税見込みとなっています。

 

こちらは、中小企業が赤字に転落したときに、前年度に納めた法人税の一部を還付する「繰り戻し還付」制度を大幅に拡充します。今は設立後5年以内の若い企業しか利用できませんでした。しかし、09年度の改正では中小企業全体に広げる予定です。これは09年2月1日以降の事業年度が対象になります。



keiri123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・申告/税額 

2009年02月02日

【改正税法】中小企業に対する軽減税率

減税こんにちは梶間です。今日は平成21年度の税制改正項目(予定)から気になるところをご紹介します。内容は、昨年12月に公表された「平成21年度税制改正大綱」からの出典です。

 


減税中小企業に対する軽減税率の時限的引下げ

中小法人等の平成21年4月1日〜平成23年3月31日までの間に終了する各事業年度の所得金額のうち、年800万円以下の金額に対する法人税の軽減税率を22%から18%に4%引き下げます。中小企業にはありがたい減税です。なお、中小法人等とは、次の法人をいう。

 

中小法人は会社で言うと、各事業年度終了時において資本金の額もしくは出資金の額が1億円以下である会社を言います。

 

そして、適用時期は、平成21年4月1日〜平成23年3月31日までの間に終了する各事業年度です。



keiri123 at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・申告/税額 

2009年01月26日

【電子申告】e-taxで確定申告する!

電子申告こんにちは梶間です。今日は電子申告のご質問です。

 

<Q>所得税の確定申告で電子申告(e-Tax)をすると何か良いことはありますか?

 

<A>e-Taxのメリットは3つあります。

ヾ塢婉發早い

 還付金がある場合、紙による申告よりも早く還付されます。これは大きいですね。

 

添付書類を提出省略

所得税の確定申告をe-Taxで行う場合、医療費の領収書や源泉徴収票等は、その記載内容を入力して送信することにより、提出又は提示を省略することができます。(ただ、確定申告期限から3年間、書類の提出又は提示を求められることがあります。)

これも意外に役立ちます。

 

最高5,000円の税額控除

平成20年分の所得税の確定申告を本人の電子署名及び電子証明書を付して、申告期限内にe-Taxで行うと、所得税額から最高5,000円の控除を受けることができます。(平成19年分の確定申告で本控除の適用を受けた方は、残念ですが20年度分は受けられません。)

残念ですが、カードリーダー購入分程度の控除です。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■所得税 

2009年01月19日

【支払調書】支払先にも提出するの?

支払調書こんにちは梶間です。先週に続いて、支払調書についてのご質問です。

 

<Q>支払調書は税務署に提出するのですが、支払先には渡すのですか?

 

<A>

代表的な支払調書は4種類でした。

(1)報酬・料金等の支払調書…税理士の顧問料など

(2)不動産の使用料等の支払調書…会社の家賃を払った

(3)不動産等の譲受けの対価の支払調書…土地を買った

(4)不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書…仲介料を払った。

 

これからの支払調書は、翌年の1月31日までに税務署に提出します。

 

しかし、法律では、支払先への提出は決められていません。

ただ、「報酬」料金等の支払調書」は、あくまでも慣行で支払先に提出ことが多くあります。



keiri123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2009年01月12日

【支払調書】支払調書の作り方

法定調書こんにちは梶間です。先週に続いて、支払調書についてのご質問です。

 

<Q>支払調書を作る場合の注意点を教えて下さい。

 

<A>

代表的な支払調書は4種類でした。

(1)報酬・料金等の支払調書…税理士の顧問料など

(2)不動産の使用料等の支払調書…会社の家賃を払った

(3)不動産等の譲受けの対価の支払調書…土地を買った

(4)不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書…仲介料を払った。

 

年末調整そして、作成上の主な注意点を挙げてみます

(1)   支払調書を作る場合の限度額が決まっています。

例えば、税理士報酬なら5万円以上払った場合と言う具合です。 

(2)原則税込み

   支払調書は、原則税込みで作ります。

   ただ、支払額の消費税が明確な場合は、税抜きで書いて、摘要欄に別途消費税を書いても良いようです。 

(3)未払分を含めて書きます

   例えば、未払分の税理士報酬も含めて書きます。この場合、源泉の未払いは摘要欄に分かるように書いておきます。 

(4)作成は1枚です、

(5)提出は平成21年2月2日です。

本来の提出期限の1月31日が土曜日になので次に月曜日になります。

 

ご参考になれば幸いです。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2009年01月05日

【支払調書】支払調書ってなあに?

こんにちは梶間です。今日は、支払調書についてご質問がありました。

 

<Q>支払調書について教えて下さい?

 

<A>

法定調書具体的には、報酬や不動産の使用料などの支払いをした者は、その支払いの明細を記載した書類(これを法定調書と言います)を所轄税務署長に提出しなければなりません。この法定調書の中に支払調書と名前のつく書類が4種類あります。

 

●報酬系のもの3つ

(1)報酬・料金等の支払調書…税理士の顧問料など

 

●不動産系のもの3つ

(2)不動産の使用料等の支払調書…会社の家賃を払った

(3)不動産等の譲受けの対価の支払調書…土地を買った

(4)不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書…仲介料を払った。

 

これらの支払調書は、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」とともに一括してその年の翌年1月31日までに会社の所轄税務署に提出しなければなりません。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年12月22日

【年末調整】営業部長からの急な申し出

年末調整中んにちは梶間です。今日は、年末調整で部長からの急な相談の話です。

 

<Q>営業部長から急に経理の女性に問い合わせがありました。

「会社の給与(支給総額1800万円)の他に家賃収入があって、毎年確定をしています。それで、毎年確定申告で精算しているから、私の分は年末調整はいりません」と電話がきました。年末調整は不要なのでしょうか?

 

<A>「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人でその会社から払われる給与の総額が2000万円以下の人については、年末調整を行わなければなりません。

 

ですから、貴社の営業部長のように給与以外の不動産所得があり確定申告をしなければならない人でも給与について年末調整は必要です。



keiri123 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年12月15日

【年末調整】超過税額時の対応

疑問こんにちは梶間です。今日は、年末調整で超過税額のご質問です。

 

<Q>年末調整をすると給与天引きしている税額の方が多かったので1月に払う税額が出てきません。この場合は、何かすることはありますか?

 

 

<A>年末調整による超過税額が多かったので1月に納付する税額がない場合納付書(所得税徴収高計算書)を1月10日(土日が入ると翌月曜日)までに税務署に提出することになります。

 うっかりしがちなので注意です。

 



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年12月08日

【年末調整】生命保険料控除できますか?

生命保険こんにちは梶間です。今日は、年末調整での生命保険料控除についてのご質問です。

 

<Q>親族等が契約者となっている生命保険契約等の保険料又は掛金について、生命保険料控除の対象とすることができますか?

 

<A>

控除の対象となる生命保険料は、給与の支払を受けている人自身が締結した生命保険契約等の保険料又は掛金だけに限らず、給与の支払、を受ける人以外の人が締結したものの保険料又は掛金であっても、給与の支払を受ける人がその生命保険料を支払ったことが明らかであれば、控除の対象とすることができます。

 

例えば、妻や子供が契約者となっている生命保険契約等であっても、その妻や子供に所得がなく、給与の支払を受ける夫がその保険料又は掛金を支払っている場合には、その保険料又は掛金は夫の生命保険料控除の対象となります。

 

ただし、この場合にも、その生命保険契約等の保険金の受取人のすべてが給与の支払を受ける人又はその配偶者その他の親族(個人年金保険契約等である場合は、年金の受取人のすべてが給与の支払を受ける人又はその配偶者)でなければなりません。(「平成20年年 末調整のしかた」より)



keiri123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年12月01日

【法定調書】法定調書ってなあに?

法定調書こんにちは梶間です。昨日、法定調書についてご質問がありました。

 

<Q>法定調書って何ですか?

 

<A>所得税法では課税を達成するために、特定の所得について支払いの事実を記載した調書の提出を義務付けています。これを法定調書と言っています。

 

具体的には、給与や不動産の使用料などの支払いをした者は、その支払いの明細を記載した書類(これを法定調書と言います)を所轄税務署長に提出しなければなりません。代表的な法定調書は6種類です。このように法律により提出が義務付けられている書類のことを総称して法定調書と言っています。

 

●報酬系のもの3つ

(1)給与所得の源泉徴収票…年末に皆さんがもらいます

(2)退職所得の源泉徴収票…退職金を払った

(3)報酬・料金等の支払調書…税理士の顧問料など

 

●不動産系のもの3つ

(4)不動産の使用料等の支払調書…会社の家賃を払った

(5)不動産等の譲受けの対価の支払調書…土地を買った

(6)不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書…仲介料を払った。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年11月24日

【年末調整】年末調整の対象者は誰?

年末調整こんにちは梶間です。今日は、年末調整についてのご質問です。

 

<Q>年末調整は誰のお給料を精算するのですか?

 

 

<Q>

年末調整は、原則として給与の支払者に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人の全員について行いますが、例外的に年末調整の対象とならない人もいます。

 年末調整の対象となる人ならない人を区分して示すと次のとおりです。

 

1 年末調整のいる人

(1)1年を通じて勤務している人

(2)年の中途で就職し、年末まで勤務している人

(3)年の中途で退職した人のうち、次の人のうち

〇猖瓦砲茲蠡狄Δ靴真

著しい心身の障害のため退職した人で、その退職の時期からみて、本年中に再就職ができないと見込まれる人

12月中に支給期の到来する給与の支払を受けた後に退職した人

いい錣罎襯僉璽肇織ぅ沺爾箸靴篤いている人などが退職した場合で、本年中に支払を受ける給与の総額が103万円以下である人

(退職後本年中に他の勤務先等から給与の支払を受けると見込まれる人を除きます。)

(4)年の中途で海外の支店へ転勤したことなどの理由により、非居住者となった人(非居住者とは、国内に住所も1年以上の居所も有しない人をいいます)

 

2 年末調整のいらない人

(1)本年中の主たる給与の収入金額か2,000万円を超える人

(2)2か所以上から給与の支払を受けている人で、他の給与の支払者に「給与新得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人や、年末調整を行うときまでに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していない人(月額表文は日額表の乙欄適用者)

(3)年の中途で退職した人で、上記1(3)に該当しない人

(4)非居住者

(5)継続して同一の雇用主に雇用されないいわゆる日雇労働者など(日額表の丙欄適用者)

(6)災害により被害を受けて、「災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律」の規定により、本年分の給与に対する源泉所得税の徴収猶予又

は還付を受けた人



keiri123 at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年11月17日

【年末調整】今年の改正点は2つ

年末調整こんにちは梶間です。今年も各税務署で年末調整説明会が行われている頃でしょうか。

 

さて、昨年と比べて今年の年末調整はどこが変わったのかお話しします。

国税庁の「平成20年度 年末調整のしかた」をみてみると住宅ローン控除関係について変更点があります。

 

住宅借入金等特別控除について、平成19年度の税制改正により次の特例が設けられました

 

住宅ローン(1)税源移譲の実施に対応するための住宅借入金等特別控除の特例の創設

税源移譲の実施に伴う対応として、税源移譲前の住宅借入金等特別控除の効果を確保する観点から、平成19年1月1日から平成20年12月31日までの問に住宅を居住の用に供した場合の特例が設けられました(現行の特別控除との選択適用)。

 

バリアフリー(2)バリアフリー回収促進税制の創設

特定のバリアフリー改修工事を含む増改築等を行った住宅を平成19年4月1日から平成20年12月31日までの間に居住の用に供した場合の特例が設けられました(現行の増改築等に係る特別控除又は上記,瞭知磴箸料択適用)。また、一定のバリアフリー改修工事が住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等の範囲に加えられました。

 

ただし、いずれも(1)(2)ともに最初の年分は確定申告が必要です。

詳しくは、「平成20年分の 年末調整のしかた」(国税庁)に詳しいです。

 

平成20年分 年末調整のしかた|パンフレット・手引き|国税庁



keiri123 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年11月10日

【年末調整】年末調整って何だろう?

年末調整こんにちは梶間です。今日は、年末調整についてのご質問です。

 

<Q>12月にする年末調整って何ですか?

 

<Q>

給与の支払者は、毎月(日)の給与の支払の際に所定の「源泉徴収税額表」によって所得税の源泉徴収をすることになっていますが、その源泉徴収をした税額の1年間の合計額は、給与の支払を受ける人の年間の給与総額について納めなければならない税額(年税額)と一致しないのが通常です。

 

この一致しない理由は、その人によって異なりますが、その主な理由としては、

    源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが、実際は年の中途で給与の額に変動があること、

    年の中途で扶養親族等に異動があっても(例えば、子供が生まれた)、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正することとされていないこと、

    G朸者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することとされていることなどがあげられます。

 

このような不一致を精算するため、1年間の給与総額が確定する年末にその年に納めるべき税額を正しく計算し、それまでに徴収した税額との過不足額を求め、その差額を徴収又は還付することが必要となります。この精算の手続を「年末調整」と呼んでいます。



keiri123 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年11月03日

【福利費】福利厚生費の考え方

社員旅行こんにちは梶間です。今日は、福利厚生費についてのご質問です。

 

<Q>会社で給与、旅費以外で社員に払う支出は、一律「福利厚生費」でよいのでしょうか?

 

 

<A>

一律と言う部分が気になります。

 

福利厚生費として費用処理するには、次の2つの基準をクリアーして下さい。

    従業員に一律に提供されるか、または一定の基準に従った支出であること

    従業員に支出した額が社会通念上、常識的な金額であること

 

これが福利厚生費に費用処理する大きな目安で、これ以上は個別の判断になります。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2008年10月27日

【福利費】法定福利費って何?

疑問こんにちは梶間です。今日は、法定福利費についてのご質問です。

 

<Q>毎月の月次試算表にある法定福利費と言うのは何ですか?

 

 

 

 

 

<A>

法定福利費というのは、社会保険料、労働保険料のように法律で決まっている福利厚生の保険料で会社負担の分を言います。

 

 法定福利費の具体的な内容ですが、

 

法定福利◆社会保険料…健康保険料・厚生年金保険料

 

 

 

 

 

失業保険◆労働保険料…労災保険料・雇用保険料



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

2008年10月20日

【福利費】福利厚生費の具体例

社員旅行こんにちは梶間です。今日は、福利厚生費についてのご質問です。

 

<Q>従業員のための福利厚生費の具体例を教えて下さい。

 

 

<A>

先週、福利厚生費の一般的な目安をお話ししました。

福利厚生費として費用処理するには、次の2つの基準をクリアーして下さい。

    従業員に一律に提供されるか、または一定の基準に従った支出であること

    従業員に支出した額が社会通念上、常識的な金額であること

 

これが福利厚生費に費用処理する大きな目安で、これ以上は個別の判断でしたね。

 

福利厚生費の例示としては

 

健康管理グループ…健康診断費用、置き薬代、予防接種

 

福利施設グループ…寮・体育館などの維持費

 

慶弔見舞グループ…結婚祝、出産祝、誕生祝の花、見舞金、弔慰金

 

慰安親睦グループ…社員旅行、グラブの補助金、社内運動会、忘年会

 

その他のグループ…制服代、残業夜食代、社員食堂



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆法人税・経費 

2008年10月12日

【年末調整】「平成20年分年末調整のしかた」公表

給料こんにちは梶間です。今年も、国税税庁が「平成20年年末調整のしかた」を公表しました。

 

今年の主な変更点は

    住宅借入金等特別控除の特例の創設

    バリアフリー回収促進税制の創設 があげられます。

 

興味のある方はご覧下さい。

平成20年分 年末調整のしかた|パンフレット・手引き|国税庁



keiri123 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◆源泉徴収 

2008年10月06日

【税金】費用にできる税金、できない税金

税金こんにちは梶間です。今日は、税金についてのご質問です。

 

<Q>会社で払う税金を費用に出来るものとできないものに区別して下さい。

 

 

 

 

<A>会社で払う税金を損金にできるかどうかまとめてみました。

 

税費用にできない税金グループ

 法人税

 住民税

 

 

 

 

 

 

税金費用にできる税金のグループ

 事業税 事業所税

固定資産税 都市計画税

 不動産崇徳税 登録免許税

 自動車税

 有価証券取引税

 印紙税

 消費税(税込み処理の場合) 

 

こんな感じでしょうか。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 租税公課 

2008年09月29日

【賞与】賞与引当金を計上したいが!

賞与こんにちは梶間です。今日は、賞与引当金についてのご質問です。

 

<Q>当社では、決算で賞与引当金を計上しようと思っています。金額の計算はどうするのでしょうか?

 

 

<A>

現在、賞与引当金は簿記や会計の経理の計上することが必要です。

しかしながら、税務では平成15年4月から賞与引当金の損金算入ができなくなりました。

 

そこで、会社としては賞与引当金を税法基準でなく社内基準で計算することになります。

  

年末調整通常、決算の時には、次回に払う賞与の金額は確定していません。そこで、会社では、賞与規程に基づいて当期の負担分を見積もって計算します。

 

この場合、賞与規程に決まっていない支給月数は昨年の実績、今回の決算での業績などが目安になります。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

2008年09月21日

【賞与】賞与引当金はいるのか?

賞与こんにちは梶間です。今日は、賞与引当金についてのご質問です。

 

<Q>簿記の本には、賞与引当金が出てくるのですが、会社の決算では賞与引当金はありません。正しいのはどちらですか?

 

<A>

現在、賞与引当金は簿記や会計の経理の計上することが必要です。

しかしながら、税務では平成15年4月から賞与引当金の損金算入ができなくなりました。

 

多くの中小企業では、税務基準で決算を行うことが多いため、貴方の会社では決算で賞与引当金を計上していないものと思われます。

 

株式を公開しているような会社では、必ず賞与引当金を計上しています。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

2008年09月15日

【給与】いろいろな給料の会計処理

給料こんにちは梶間です。今日は、給与についてのご質問です。

 

<Q>給料について会計処理を教えて下さい。

 

ー萃役兼営業部長の給料はどう会計処理しました?

工場の従業員給与と営業の給料はどう会計処理しますか?

パートと正社員の給料は一緒でよいですか?

 

<A>

各別にお答えします。

ー萃役兼営業部長の給料

 いわゆる使用人兼務役員の給料です。使用人兼務役員の給料は、役員報酬分の給与は役員報酬、従業員分の給与は給与手当で会計処理します。

 

工場と営業の給料

 工場の従業員の給与は、製造にかかる人件費なので製造原価報告書の「賃金」で処理します。

 営業の人件費は、販売にかかるものなので、「販売費及び一般管理費」の給与手当で処理します。

 

パートと正社員

 パートさんも正社員さんも同じような仕事をしているかもしれませんが、会計処理はちょっと違います。

 社員さんは、通常、給与手当で処理します。パートさんは、給与手当で処理することもあるのですが、むしろ「雑給」勘定で処理することが多いです。



keiri123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

2008年09月08日

【手当】通勤手当の会計処理

通勤こんにちは梶間です。今日は、通勤手当についてのご質問です。

 

<Q>会社で従業員に支給する通勤手当の会計処理はどうなっているのですか?

 

<A>通勤手当は、通常、2つの会計処理が考えられます。

 

 一つは「給与手当」勘定で処理します。もう一つは、「旅費通勤費」に含めて処理します。

 実務では、両方みられる方法です。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・経費 人件費 

2008年09月01日

【遺言】どんな遺言が多いのか?

遺言こんにちは梶間です。会社経営をされている会長よりのご質問です。

 

<Q>会社の株式や不動産について、一族がもめないように遺言を考えています。普通は、どんな遺言を作るのでしょうか?

 

<A>実際、世の中で利用されている遺言について統計があるのでご紹介いたします。

 

自筆証書遺言…年12.595件(2006年度)

公正証書遺言…年66,932件(2004年度)となっています。



keiri123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★税金と経営 | ●相続・事業承継